Windows10 タスクバーの時計を西暦から元号(和暦)に変更する

 

Windows10で、タスクバー右に表示されている時計は「西暦」で表示されていますが、これを「元号(和暦)」で表示することができます。2019年、元号が平成から令和に変わりましたし、ここでは元号(和暦)表記に変更する方法を紹介しています。

 

 

タスクバー時計を元号(和暦)表記にする

1 タスクバーの時計の位置で右クリック→「日付と時刻の調整」をクリックする

 

2 左メニューの「地域」から「データ形式変更する」をクリックする

 

3 「データ形式を変更する」の「カレンダー」で「和暦」を選択する

和暦に変更した時点で、時計の表示が和暦に変更されます。

 

 

「データ形式で変更する」で変更できることは以下の通りとなっています。

・カレンダー:西暦(日本語)、和暦、西暦(英語)

・週の最初の曜日:カレンダーの週の始めを何曜日にするか

・日付(短い形式):5パターン

・日付(長い形式):8パターン

・時刻(短い形式):4パターン

・時刻(長い形式):4パターン

 

タスクバーに表示される時計で変更できる項目は、「カレンダー」、「日付(短い形式)」、「時刻(短い形式)」です。

残りの、「週の最初の曜日」、「日付(長い形式)」、「時刻(長い形式)」は、タスクバーの時計を左クリックしたときに表示されるカレンダーの下記画像の赤枠の部分が変更されます。

 

 

「カレンダー」に関しては、変更すると両方の場合で適用されます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

AX